高配当株

米国の安全な高配当株ランキングTOP5


米国株の次のような問題を解決できます。
・米国株に投資して利益を上げたい。・米国で推奨される注目株は何ですか?


この記事の結論;
•高配当株は、4%以上の配当利回りがベースとなるガイドラインです。
•単なる配当だけでなく、業績と成長の可能性などの他の要素も考慮してください
•製薬会社と電気通信会社は、高配当株である傾向があります


近年、長期的に上昇傾向にある米国株が注目を集めています。
しかし、本当に米国株に投資したいと思っても、どの会社を買うべきか迷っている人は多いと思います。
そこで今回は、注目したい米国の高配当株の推奨事項をわかりやすく説明します。

目次

まず、高配当株とは?

まず、高配当株とは?
高配当株の定義は人によって異なりますが、配当利回りが高い株を指します(1株当たりの年間配当額÷現在の株価)。


配当利回りが4%を超えると、高配当の基準と見なされやすく、多額の資金を受け取っていることから投資家に歓迎されています。


高配当株は高配当のみを重視しています。

従って、これだけで購入する株を選ぶのは軽率で危険です。


購入する際は、株価、業績(事業内容)、成長の可能性に注意を払い、最良の株式を選択してください。

米国の推奨する5つの高配当株に関する詳細なコメント

まずは米国の推奨する高配当株をマークすれば大きな問題にはなりません。

特に注目すべき5社は以下のとおりです。

(1) AT&T(T)

株価:112.27、配当利回り:4.52%
このAT&Tは、米国テキサス州に本社を置く大手電気通信事業者です。


子会社を通じて、インターネット接続、固定電話サービス、テレビ番組制作などの複数の分野で事業を継続しています。


残念ながら、36年連続の配当が続いてきたのですが、2021年には、コスト削減などの要因により中断されました。


それでも、AT&Tは、主要な通信事業から着実に成長することが見込まれているため、長期的な投資となることが期待できるブランドです。

配当は大きくありませんが、それでも配当は期待できます!

(2) ABBV(アッヴィ)

株価:112.27、配当利回り:4.52%、
ABBV(アッヴィ)は、高配当で知られる米国有数のバイオ医薬品企業です


パーキンソン病とC型肝炎の治療薬を製造しており、現在170か国以上で使用されています。


49年と非常に長い連続配当数であり、この配当の傾向も高まっており、今後の安定的な成長が期待できます。


新薬開発の買収など、前向きな姿勢が読めます!

(3) エクソンモービル(XOM)

株価:53.77、配当利回り:6.47%
このエクソンモービルは、テキサスに本社を置く大手石油化学メーカーです。


世界最大級の総合エネルギー企業として、原油や天然ガスの探鉱、石油製品の製造・貿易・輸送・販売をしています。


新型コロナウイルスの影響で株価は低迷下にありますが、39年連続で増配を行い、配当意識は高い水準にあります。


原油価格の変動は大手石油会社にとってリスクですが、石油需要の増加に伴い、将来の成長が見込まれます。


ESGの逆風もあるので、将来の減配に注意してください。

(4) IBM(アイビーエム)

株価:139.30、配当利回り:4.68%
IBMは長い歴史を持つハイテク企業であり、コンピューター関連の製品サービスとITコンサルティングビジネスに従事しています。


株価は低迷しましたが、配当利回りは5%近くを維持しています。


今後は人工知能や量子コンピューター部門に注力し、大胆に挑戦していきます。
連続配当数は26年!

(5) アルトリアグループ(MO)

株価:50.08、配当利回り:6.86%


米国で最大のたばこ製造販売会社として、アルトリアグループはよく知られています。


利益の約8割を株主に還元し、配当金は50年以上前から増加していることから人気株です。


しかし、今日のESGに焦点を当てた世界では、たばこ業界は逆風にあり、高利回りの後に株価が急落していることを忘れないでください。


米国株の圧倒的な高配当は非常に魅力的であり、それを保持し、将来に細心の注意を払うのは良いことです。

たばこ関連株への一点集中投資はリスクが大きくなるので、他の業界の株と組み合わせてください!

米国株への投資を推奨する証券会社

米国株を購入するには、米国株を運用している証券会社に口座を開設する必要があります。


なかでもパソコンやスマートフォンで簡単にオンライン証券を開くことができるので、パソコンだけでなくスマートフォンにも使える楽天証券や、米国株4,000株以上を扱うマネックス証券、米国株の取引手数料が無料であるDMM株の3社が安心安全です。

おわりに

高配当の米国株をよく理解されましたでしょうか。

また、米国でお勧めできる高配当株については、米国株への投資に推奨されるオンライン証券についても説明しました。

最後に、この記事で最も伝えたい3つの主要なポイントを要約したいと思います。


•高配当株のガイドラインは、4%以上の配当利回りです。
•製薬会社と電気通信会社は、より高配当株である傾向があります
•配当だけでなく、業績と成長の可能性も考慮してください

米国株は高いリターンが期待できるので、適切な株を選べば大金を稼ぐことができます。 (執筆:山田 あずき)

編集部

投稿者の記事一覧

編集部です。みなさんの米国投資に役立つ記事を掲載してまいります。

関連記事

  1. 貯金なんてしてる場合じゃない 安定した高配当収入を得たいなら、米…
  2. 永久にガチホしたい米国株3選 大暴落でも増配し乗り越える強い企業…
  3. 米国高配当株はキャピタルゲインとインカムゲイン双方が期待できる …
  4. 高配当でも購入してはいけない米国株銘柄
  5. 下落局面で強い「米国高配当株」 上昇に転じた時はキャピタル・イン…
  6. 米国株で夢の配当金生活 「配当王と配当貴族」とは?
  7. 【米国株】高配当投資を狙うか、増配銘柄を狙うか、どっちがお得?
  8. S&P500を疑え VOOの弱点を追及した投資戦略術

「ETF」カテゴリー記事新着

「個別銘柄」カテゴリー記事新着

「高配当株」カテゴリー記事新着

「初心者」カテゴリー記事新着

「経済・相場」カテゴリー記事新着

PAGE TOP