ETF

全世界と全米国、どちらの投資信託を買うべき?

全世界に分散投資するべきなのか、米国の企業全体に分散投資するべきなのか迷う人は多いでしょう。

この記事では、全世界と米国全体どちらの投資信託を購入すべきなのか4つの観点から徹底比較します。

目次

経済の成長率 で考える

米国は世界最大の経済大国で、GDPは世界最大となっています。

また、先進国で人口が増加しているのも米国だけです。

このように、米国は世界的に見ても今後、経済成長が見込まれる国となっています。

全世界に分散投資すると、経済が低成長の後進国にも投資することになります。

結果的には、投資リターンが低くなり資産効率が低下します。

新興国の成長 で考える

米国のみに投資していると、仮に今後新興国が著しく成長した時に取りこぼしてしまう可能性があると考える人もいるでしょう。

しかし、米国の大企業はほとんどがグローバルに活躍している企業で、新興国でもすでに企業活動をしており、新興国の成長も取り込むことが出来ます。

そのため、米国ファンドのみに投資していても新興国の成長を取りこぼすことなく、投資することが出来ます。

リスク で考える

アメリではなく新興国の株にも投資するということは、新興国の通貨リスクも負うこととなります

例えば、トルコ共和国の貨幣であるトルコリラは10年ほど前、1トルコリア=90円でしたが、2021年現在は1トルコリア=12円まで下がっています。

米国にだけ投資しておけば、価値の安定したドルで株を持つことが出来ます。

新興国への投資は未熟な会計、法制度、政情不安にある国に投資するというリスクもあります。

構成比率 で考える

全世界に分散する投資信託の米国の構成比率は50%以上です。

今後も経済成長が見込まれると思われるのは、米国のため構成比率が高くなっています。

もしも米国で暴落が起きた時に、全世界の投資信託も米国の構成比率が高いので米国の投資信託と同じように暴落します。

そのため、余計な新興国を含む必要はなく、米国に分散投資する投資信託に投資して方が良いと言えるでしょう。

米国の投資信託を

米国のように今後も経済成長が見込まれる国では一時的に暴落はあるかもしれませんが、長期で見れば右肩上がりで成長していくため安心して投資することが出来ます。

以上の点から、全世界の投資信託を買うよりも米国の投資信託を購入した方が、運用利回りが高くなります。

投資信託のように長期で運用する場合は、米国に投資するのがよいでしょう。

西村 涼介

投稿者の記事一覧

20代後半。現在はメーカーで5年間勤務し、主に産業用機器の設計開発を行なっています。米国株の投資歴は5年。楽天VTIとeMAXIS Slim米国株式を保有。個別株だと、GAFAMを少しとテスラ株価を触ったことがあります。米国株の為替手数料やその他の税金面、個別株について取り上げていく予定です。

関連記事

  1. 米国の情報技術セクターの3倍動くレバレッジETF【TECL】
  2. ロシア経済制裁の米国経済への影響は? インフレ懸念について解説
  3. アメリカ株が上がり続ける3つの理由 株高で恩恵を受ける人の割合が…
  4. 【VIG】米国の連続増配銘柄を集めたETFは買い? メリットとデ…
  5. FRB(連邦準備制度理事会)のパウエル議長再任が決定
  6. 2021年末からテーパリング 米国株の投資は控えた方がいいのか?…
  7. コロナ収束後、アメリカ株は爆上げする
  8. 2021年末~2022年米国株式相場見通し

「ETF」カテゴリー記事新着

「個別銘柄」カテゴリー記事新着

「高配当株」カテゴリー記事新着

「初心者」カテゴリー記事新着

「経済・相場」カテゴリー記事新着

PAGE TOP