ETF

米株入門:初心者は個別株より株価連動指数がおススメ

目次

株初心者の方におススメの株とは?

過去に例がないパンデミックの世界において株は過去最高の高値圏に各国あります。

今このタイミングで株をやってみたいという方も多いのではないでしょうか?

私がおススメしたいのは断然アメリカ株、特に個別株ではなく株価連動指数型の株です。

中には「まずは日本の株からスタートしたい」とお考えの方もおられるかもしれませんが、今や日本株はアメリカ株の先物取引のようなもので配当などを考えあまりおススメはできません。

日本株がおススメ出来ない理由は後日語るとして、なぜアメリカ株・株価連動指数がおススメなのかその理由をご説明します。

個別株は現実的には難しい

まず株初心者の方に、個別株の動向や数字を把握することはかなり難しいですし、また時間が必要です。

個別株のPBR・PER、純資産倍率、直近の決算内容などを分析すること自体が厳しいのではないでしょうか?

また、いわゆる兼業投資家の方は、日中は自身の仕事があるはずです。

疲れて帰宅、もしくは貴重な休日を使ってそのような個別株の情報を逐一検索することは困難で、「こんなに大変なら、投資は・・・」と挫折してしまう方を多く私は知っています。

株式投資はギャンブルではないので、可能な限り多くの情報や知識はもちろん必要です。

しかし、情報が多すぎることは逆に判断に躊躇する原因にもなります。(投資判断としてPBRは良いが、収益率が悪く長考の結果チャンスを逃すなど)

今後においてアメリカ株が長期的に下落するリスクはかなり低いです。

その理由として、

(1)今後も増え続ける人口

人口が増える国の株は買い、減る国の株は売り。

(2)盤石な雇用状況と高い物価

アメリカは完全雇用の状況を保ち続けています。

NYでは朝食の簡易的なプレートが3000円するほど物価が高い状況です。

(3)コロナ収束後の爆発的な消費のV字回復

アメリカ発で世界中が空前絶後の消費ラッシュになるなどが挙げられます。

個別株より連動指数の方が分かりやすい

連動指数型は簡単にいうと、アメリカ株の上下の動きと全く同調します。

ここまで述べたように長期的に見ればアメリカ株は上がります。

つまり連動指数型の株も上がるということです。

兼業の投資家の方は個別の株の情報を収集する時間もなかなか取れないと思います。

そのため長期的な視野で考えればアメリカ株は上がる=連動指数型も上がるという私の結論から投資を簡単にするためにも連動指数型の投資をおススメしたいと思います。

けん103

投稿者の記事一覧

40代前半。現在は営業マンで、主にエネルギー商材の販売を行なっています。米国株の投資歴は5年。メインは株価連動指数を売買。個別株だと、SP500銘柄のバリュー株を少し売買しています。米国株の今後の戦略や、政治と経済のからみなど多岐にわたる内容を取り上げていく予定です。

関連記事

  1. SPYDが大減配?今後SPYDに投資する意味はあるのかを解説
  2. 「レバナス最強説」の3つの根拠
  3. 「米国株VS全世界株」おすすめはどっち? それぞれの特徴を解説
  4. 全世界株式と米国株式はどっちがいい?永遠の選択課題を解決
  5. 米国株が暴落した時の対応を解説|必ず債券には投資しておこう
  6. S&P500=GAFAM+S&P495 とは…
  7. 貯金なんてしてる場合じゃない 安定した高配当収入を得たいなら、米…
  8. 米国高配当株は万能ではない、こんな人にはおすすめできない

「ETF」カテゴリー記事新着

「個別銘柄」カテゴリー記事新着

「高配当株」カテゴリー記事新着

「初心者」カテゴリー記事新着

「経済・相場」カテゴリー記事新着

PAGE TOP