ETF

VTI,VOO,QQQどのETFに投資するべき? 今後どんな企業の成長を期待するかがポイント

いざ投資をしようとした時に、どの米国ETFに投資すればよいか分かりませんよね。

今回は人気上位を占める米国ETFであるVTI,VOO,QQQの3種類に関して詳しく解説します。

3種類のETFそれぞれの特徴を知ったうえで自分の投資方針に合うETFを選択しましょう。

目次

VTIはどのようなETF?

VTIの正式名称は、バンガード・トータル・ストック・マーケットETFになります。

VTIは、S&P500を含む米国企業3600社に分散して投資できるETFです。

経費率は0.03%で長期間投資に向いています。

過去のトータルのリターンは10年間で+16.3%となっています。

米国全体に投資したい人向けのETFです。

米国の大企業だけではなく、中規模の企業や小規模の企業の成長まで満遍なく米国全体に投資したい人に向いています。

VTIの上位構成銘柄は、1位がiPhoneなどで有名なApple(5%)、2位がMicrosoft(5%)、3位がAmazon(3%)となっています。(2021年10月現在)

VOOはどういったETF?

VOOは、米国の大企業500社に分散して投資できるETFです。

正式名称はバンガードS&P500ETFです。

時価総額の80%を占める大型株に投資することが出来ます。

経費率はVTIと同じく0.03%です。

VOOの構成銘柄は、1位がVTIと同じくApple(6%)、2位がMicrosoft(6%)、3位がAmazon(4%)となっています。(2021年10月現在)VTIと上位銘柄は変わりませんが、わずかに構成比率が高くなっています。

QQQはどういったETF?

QQQはナスダック100連動の株式ETFです。

正式名称は、インベスコQQQ信託シリーズです。

時価総額が上位100社の企業で構成されています。

経費率は0.2%です。

QQQの上位構成銘柄は、1位がApple(11%)、2位がMicrosoft(10.5%)、3位がAmazon(8%)となっています。

IT業界の大企業が多くの構成比率を占めています

さらにGoogleとFacebookを合わせた構成比率は全体の46%を占めています。

ポイントはどの分野の成長を期待するか

3種類のETFを比較したあとに、投資家の考え、好みによって投資先を決めるのが良いでしょう。

今後もITに関する企業が成長していくと考えるのならばQQQを選択。

しかし、分散投資という面ではVTI>VOO>QQQという順番になるので、QQQを選択した場合は、値動きが大きくなる可能性があります。

直近10年を比較すると最もリターンが大きくなったのはQQQです。

ネットの普及によりITに関する企業の伸びが今後も期待できるかどうかを判断基準としましょう。

VTIとVOOは、パフォーマンスや構成銘柄、手数料に大きな差があるわけではないのでIT銘柄の成長を期待し、QQQよりも分散して投資したい場合はVOOを選択、さらに分散して米国全体に投資したい場合はVTIを選択しましょう。

西村 涼介

投稿者の記事一覧

20代後半。現在はメーカーで5年間勤務し、主に産業用機器の設計開発を行なっています。米国株の投資歴は5年。楽天VTIとeMAXIS Slim米国株式を保有。個別株だと、GAFAMを少しとテスラ株価を触ったことがあります。米国株の為替手数料やその他の税金面、個別株について取り上げていく予定です。

関連記事

  1. 【VTI】メリットとデメリットを解説 米国企業の3500銘柄に分…
  2. 楽天ポイントで米国株に投資 誤解しがちなポイント利用や積み立て時…
  3. ビットコインETF(BITO)がお勧めなのはこんな人 注意点も解…
  4. レバナスから楽天レバナスへの乗り換えはNG 楽天レバナスの買い方…
  5. 全世界と全米国、どちらの投資信託を買うべき?
  6. レバナスはおすすめしない?コアで投資するのは危ない理由を解説
  7. レバナスでFIREは達成出来るのか? 2倍の早さでFIRE出来る…
  8. 東証で購入できる「S&P500連動ETF」のオススメを…

「ETF」カテゴリー記事新着

「個別銘柄」カテゴリー記事新着

「高配当株」カテゴリー記事新着

「初心者」カテゴリー記事新着

「経済・相場」カテゴリー記事新着

PAGE TOP